武州鳶ってどんな会社?

誰もが"人間として成長できる"会社でありたい。職人として、営業として技術を身につけ稼いでもらうのは当たり前。それよりも、武州鳶のドアを叩いてくれた方が人間として成長し、マネジメントなどの視点も身につけ、次のキャリアにもプラスになるような会社でありたいと考えております。

誰でも「変わりたい」と思って行動を続ければ絶対に変われると考えているため、来るものは拒まず、国籍や年齢・学歴・性別での差別は一切ありません。そのため、高校中退者から慶応大学出身者まで在籍しています。20代はずっと無職で当初は無断欠勤ばかりだったけれど、今ではトップクラスの技術と収入を得ている、なんて親方も。とてもにぎやかな会社です。

ひとりで何かをするには限界があります。共に笑いあったり時にはぶつかり合ったりしながら、互いに切磋琢磨をし個人も成長していけるような仲間を求めています。

代表メッセージ

ケガをしたり、病気で現場に出られなくなってしまうと「はい、さようなら」となってしまいがちな鳶職人の世界。「そんなの寂しすぎる、何とかしたい!」と考え私は㈱武州鳶を立ち上げました。当社では、上記のような理由で現場に出ることが難しくなってしまった際にも、営業職や現場の指導員・事務職などの受け皿を用意し、一生安心して働き続けられる会社を目指しております。
一緒に働く仲間は家族同然と考えており、それぞれが個性を活かし、足りないことを互いに補い合いながら、自身の強みを活かせる職場であり続けたいと考えています。

株式会社武州鳶   
代表取締役 五島学

スタッフ

STAFF

伊藤 大貴

子方

自由を求める自分にはもってこいの環境ですね。好き勝手にやるということではなく、やるべきことをやり自分自身の手で収入とプライベートの時間を勝ちとるという感覚。やった分だけ成長と結果が得られるというのも、スポーツ感覚で面白いです。

景山 和弥

子方

仕事は、生きていく上で一番費やす時間が長いもの。だからこそ、趣味の合う仲間が多いというのは、僕にとってはとても居心地が良く活力にもなっています。早く仕事を覚えて親方として活躍し、社長や先輩のようにスーパーカーに乗るのが夢です。

竹下 雄太

親方

「たくさん稼いで大好きなお酒が飲めればそれでいい」そんな風に考えていた自分が、今では「職人さんに喜んでもらえる」ということにやりがいを感じ、更なる技術向上に励んでいます。お互いを意識し合える同年代のライバルがいるという環境はとても張合いがあります。

石田 昌之

営業

仕事のことだけでなく、プライベートな相談もし合える。そんな関係だからこそ、元請け会社さんからのクレームの際などにも本気で意見を言い合って、より良い仕事に繋げていけるのだと思います。どんどん仕事をとってきて職人さんから頼られるような存在になりたいです。

会社情報

COMPANY

沿革

1996年 4月 個人事業主として営業を開始

2008年 4月 株式会社武州鳶を設立(本社 八王子)

2010年 6月 資本金を1900万円増資(資本金2000万円)

2012年 9月 六本木オフィスを設立

2013年 8月 横浜サービスセンターを設立(神奈川県)

2016年 3月 弊社代表が「腕ひとつで稼いで仲間を守れる男になれ」を出版

2018年 2月 三郷サービスセンターを設立(埼玉県)

会社概要

社名   株式会社武州鳶

設立   2008年4月16日

資本金  20,000,000円

従業員数  80名

代表取締役  五島 学
     

事業内容  足場工事
      建築工事
      とび職
      足場販売
      中古足場買取
      他、上記に関わる一切の業務

株式会社武州鳶
〒192-0032 東京都八王子石川町3238  TEL:042-689-5166

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー