当社のスタッフをご紹介します

グローバル化・IT化に伴い、人々の働き方について見直されている昨今において、建設業界・職人の世界も、ひと昔前のように「とにかく稼げる」「独立してどんどん事業拡大」という時代ではなくなりました。 「親方としてバリバリ稼ぎたい」「収入はそこそこでいいから自分の時間を大切にしたい」「職人は体力的に厳しくなってきたから営業にチャレンジしてみたい」等、人によって仕事に対する考え方は様々です。 当社では、「どんな人にも適材適所自分を活かせる場所がある」と考え、一人一人の仕事観に合わせ多様な働き方に対応できるよう日々精進しております。 その甲斐あって、一人一人が個性を輝かせ、一見バラバラだけれどもなぜかまとまっている。というような組織に成長してきたのは、素晴らしいスタッフ達に恵まれているからこそであると考えています。

夢は叶えられる

KAZUYA KAGEYAMA

子方景山 和弥

Q.武州鳶へご入社されたキッカケを教えてください

中学生の頃から、スーパーカーが好きで車の展示会などで五島社長と面識がありました。高校を卒業し進路について考える中で、以前に社長に言われた「見るだけじゃなくて乗れるように挑戦してみたら?」という言葉を思い出し、武州鳶には実際にランボルギーニに乗っている職人さんもいるということも背中を押し、挑戦することに決めました。

Q.実際に武州鳶で働いてみていかがですか?

まだ1年目なので、覚えることはたくさんありますし体力的にキツイこともありますが、辞めようと思ったことは一度もありません。どんな会社に行っても、キツイことはあると思うんです。僕は社会で働くということが初めてなので、ここの環境が当たり前ですし、目標とする先輩が沢山いるので、とてもやりがいがあります。最近では、僕と同じように五島社長の車をキッカケに入社してくる方や、車好きの方がとても多い会社なので、趣味の話もしやすくて、仕事だけでなくプライベートも楽しんでいます。

1日も早く親方になってスーパーカーのオーナーに。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー