当社のスタッフをご紹介します

グローバル化・IT化に伴い、人々の働き方について見直されている昨今において、建設業界・職人の世界も、ひと昔前のように「とにかく稼げる」「独立してどんどん事業拡大」という時代ではなくなりました。 「親方としてバリバリ稼ぎたい」「収入はそこそこでいいから自分の時間を大切にしたい」「職人は体力的に厳しくなってきたから営業にチャレンジしてみたい」等、人によって仕事に対する考え方は様々です。 当社では、「どんな人にも適材適所自分を活かせる場所がある」と考え、一人一人の仕事観に合わせ多様な働き方に対応できるよう日々精進しております。 その甲斐あって、一人一人が個性を輝かせ、一見バラバラだけれどもなぜかまとまっている。というような組織に成長してきたのは、素晴らしいスタッフ達に恵まれているからこそであると考えています。

難しい現場をこなす度に増すヤリガイ

YUTA TAKESHITA

親方竹下 雄太

Q.武州鳶へご入社されたキッカケを教えてください

前職は、親戚の紹介でハウスクリーニングの仕事をしていました。紹介して頂いた仕事だったこともあり1年間は続けたのですが、もっと身体を動かしたいと考え退社しました。僕は追い込まれてから力を発揮するタイプなので、元々体力には自信があったこともあり「もっと自分を追い込める仕事がしたい」「自分のウデで稼げる仕事を」と考え、若手が多く活気ある武州鳶を選びました。

Q.武州鳶に転職をされてみて、いかがでしたか?

大満足ですね。自分の頑張りで、思いっきり稼げるというのもそうですが、本当にみんないい人で、もちろん性格が合う・合わないとかはありますが・・(笑)。年上の方ばかりだった前職に比べ、先輩たちの年代も近く目標も見えやすいですし、同年代の仲間が多いので切磋琢磨し合いながら、良い仕事をして美味い酒を飲むのが最高。(笑)親方になってからは自分のペースで動けるというのも、成果主義な自分の性格に合っていると思います。

「竹下の組んだ足場で仕事がしたい」と言ってもらえると、美味い酒が飲めます。笑

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー